株式会社アルファコーポレーション

  • トップページ
  • 会社案内
  • 商品案内
  • リクルート
お問い合わせ資料請求フォーム
  • Main Menu
  • Q & A
  • ホームへ戻る

Q&A

地球環境にやさしいサービスのこと、アルファのこと、よくある質問をまとめました。

アルファコーポレーションの4つのサービス(オール電化、太陽光発電、エコリフォーム、エネパック・風力発電)をはじめ、地球環境問題を考慮したサービスのこと、アルファコーポレーションのこと等、皆様から数多くお寄せ頂いたよくある質問をまとめました。

Q1. オール電化住宅ってどんな家?

オール電化住宅は電気以外の熱源を使わない住宅です。これまでガスや石油を燃料としていた調理と給湯を電気に切り替えるのが基本になります。加えて、最近では太陽光発電システムや、浴室暖房換気乾燥機、食器洗い乾燥機、床暖房を取り入れるケースも増えています。

Q2. 今、どうして“オール電化”なの?

最近の住宅は、高気密化が進んでいます。住宅を高気密化すると隙間が極端に減るため、自然な換気が行われにくくなります。
そこで常時の換気や、室内での二酸化炭素や水蒸気の発生を抑えられるIHクッキングヒーターなどの電化設備が求められるようになっています。

Q3. 「高気密高断熱住宅」って住み心地はいいの?

オール電化と相性の良い高気密高断熱住宅は、省エネルギー性に加え住み心地の点でメリットがあります。例えば、冬は少ないエネルギーで家中を暖房でき、部屋から廊下に出ても冷えを感じません。
また、部屋の中にいても上下の温度差がなく快適。夏は、逆に外の熱気をさえぎって冷房の効き目を良くするので、弱い冷風ですむので冷房が苦手な人にもぴったりといえます。

Q4. 高齢化社会にとってもいいことがあるの?

2006年には5人に1人が65歳以上という高齢化社会を迎えます。ヒートショック[*1]の少ない高気密住宅は、高齢者にとって健康を保ちやすい住まいとして注目されています。 また、裸火のないオール電化の暮らしは、高齢者にとって安心できる暮らしといえます。

[*1]ヒートショックとは急激な温度変化が体に及ぼす影響の事で、血圧や脈拍が急変動して危険な状態に陥る事があります。

Q5. 電気代が増えそうな気がするのですが大丈夫?

夜間蓄熱式機器があれば、割安な夜間の電気を使うことができる「電気上手(季節別時間帯電灯)」のご利用ができ、だんぜんおトクになります。さらにキッチンや給湯、リビングなどすべての熱エネルギーを電気でまかなうオール電化住宅は、電気料金が5%割引になります。

Q6. 安くなる電気の契約ってある?

「電気上手(季節別時間帯電灯)」は、電気温水器などの夜間蓄熱式機器をご利用のお客様にご利用いただけるメニューで、キッチンも電気という方におすすめです。
「電化上手」では、電力量料金単価を2つの季節と3つの時間帯に分けて設定しています。季節や時間帯によって料金単価が異なるため、熱効果の高いキッチンでの食事の準備や、洗濯や掃除などの家事を午前7時から10時、また午後5時から11時の朝晩時間に済ませたりなどの工夫で電気料金がおトクになります。

Q7. 200Vの設備ってどこがいいの?

一般的には100Vですが、200Vになると倍の圧力で電気が流れます。電圧が倍になると、電流が半分で同じ電力が得られます。それだけ余裕をもって、パワフルな機器が使えるというわけです。その電圧に対応したのが200Vの家電。通常よりも約2倍の力を持つ機器と考えると良いでしょう。

Q8. 200Vって電気代を多く使わない?

電圧が倍になっても倍の電気を使うわけではありません。同じ電力で機器を働かせれば100Vも200V同じ量の電気しか使いません。したがって電気代も同じ。200Vは電力が倍なので、機器を働かせる時間が短縮されます。

Q9. 200Vの設備を導入するには?

200V機器を使えるようにするには「単相3線式」という専用の配線が必要です。といっても通常、屋内の分電盤まではすでに「単相3線式」の電線が敷かれていることが多いのです。その場合には分電盤に200Vの専用回路を設けて、屋内配線工事をすればすぐに200Vが使えるようになります。

Q10. 200Vの工事はどこに頼めばいいの?

200Vを使えるようにする工事は電気工事士の資格を持っている人でなければできません。一般的に電気工事店で行ってくれますが、IHクッキングヒーターなら200V機器を購入したその店へ工事についても相談するとよいでしょう。

Q11. マンションでも200V化はできる?

マンションなどの集合住宅の場合、ご自身の住戸だけ200V機器を使えるようにしたくても、マンション全体の電気容量の問題が生じます。集合住宅では全体として使える電気の容量を決めて設定しています。したがって無断でご自身の住戸だけ使う量を増やせません。管理組合などに相談するとよいでしょう。

Q12. オール電化マンションって?

オール電化マンションはオール電化住宅のマンションです。調理はIHクッキングヒーターで、給湯はエコキュートなど、熱源をすべて電気にしたマンション。もともと気密化されているマンションは、燃焼機器のない電化に相応しいのです。

Q13. オール電化用の分電盤もある?

分電盤は外から引き込んだ電気をコンセントに送るため、いくつかの回路に分ける装置です。200V機器のためには専用回路があればよく、特別な分電器は必要ありません。「ピークカット分電盤」なら、使いすぎになる前に音声でお知らせしますので、電器用品を一斉に使用したときに容量を超えて停電してしまうことを防ぐことができます。支障の少ないエアコン等の器具を自動で停止させることもできます。

Q14. オール電化住宅を建てるには?

オール電化住宅は設備を整えるだけでなく、高気密断熱化が望ましいので建てるときには必要なノウハウを蓄積している会社を選びましょう。

Q15. 停電の時って大丈夫?

現在では、長時間にわたり停電が発生することは稀な状況となっております。もしも、停電になってしまった場合にはIHクッキングヒーターは使用できませんが、電気温水器や電気蓄熱式暖房機は、夜のうちに熱を貯めておくので安心な面もあります。 ちなみに、年間停電時間は平均で約3分間程度と、海外に較べても、かなり短くなっており、過去の震災でもライフラインの中で、電気が早く復旧しています。

Q16. イニシャルコスト(初期導入費用)が高いのでは?

確かに、機器の価格としては「ちょっと高い」と感じる方も多いでしょう。しかし、オール電化機器は燃焼部分が無いため劣化が少なく、長持ちするのが特徴です。例えば、電気温水器の平均寿命は約15年。20年以上使用されているご家庭も珍しくありません。
また、月々の光熱費が安くなることや、キッチンの油汚れが減少するのでリフォームの間隔が長くなること、結露が発生しにくいので住まいの寿命を縮めないことなどを考え合わせると、オール電化は長期的に見て経済的であるといえます。

Q17. オール電化割引がある火災保険商品があるって聞いたけど?

火災保険商品の中には、オール電化であれば、保険料を割引するという商品があります。火を使わないオール電化ならではの、家計に優しいメリットです。
最近では、新築割引などの他割引とも併用可能な「オール電化住宅割引」がAIU保険会社の火災保険で適用されます。この割引はAIU保険会社がオール電化住宅の火災リスクの低さに基づき認可申請し、監督官庁より日本ではじめて認可を所得したものです。
オール電化住宅の優位性・安全性がリスク評価のプロである保険会社にも認められました。

Q18. オール電化機器購入向けの優遇ローンがあるって聞いたけど?

オール電化仕様住宅の新築・購入(マンションを含む)資金に対する優遇
オール電化住宅は電気以外の熱源を使わない住宅です。ローンや、オール電化採用に伴うリフォーム資金に対する優遇金利ローン、オール電化機器購入に限定した優遇金利ローンなど、金融機関によって様々な商品があります。月々の光熱費メリットに加え、トータルコスト面でさらにメリットが期待できます。具体的な金利・サービス内容、利用対象、借入上限額などは、金融機関によって異なりますのでご注意下さい。
なお、住宅の新築・購入資金などを対象としたローンの場合、借入金額が大きいと、金利優遇に伴うメリット額も大きくなります。長い目でみると、オール電化採用に伴う費用負担を結果的に軽減できるだけでなく、それ以上のメリットが期待できるケースもあります。

Q19. オール電化って製品の名前ですか?それともサービスですか?

「オール電化」とは、これまでガスや石油などの「火」を熱源としていた設備を、電気の設備に替えることです。例えば、ガスコンロはIHクッキングヒーターに、ガス給湯や石油給湯は電気給湯機に。「オール電化」という製品やサービスがあるわけではありません。

Q20. オール電化にはどんな製品があるのですか?

例えば、こんな製品があります。

IHクッキングヒーター・・・ガスコンロと同様に火力があります
電気給湯機・・・割安な電気料金でとても経済的です
太陽光発電システム・・・貴方の家の屋根が発電所になり電気代を稼ぎます
バス乾燥・厨房・換気システム ・・・1台で3役、冬のひんやり感を無くします

Q21. 長期留守にするときにはどのようにすればいいの?

電気給湯機には、数日のご旅行などに便利な「運転停止」機能があります。停止日数を設定しておけば、お留守の間は沸き上げをせず、ご帰宅の前夜から再び沸かし始めて、ご帰宅の日からお湯が使えます。

※長期のお留守の場合は、タンクの水抜きなどが必要になります。

資料請求